【建設アスベスト給付金制度が始まりました】

 2022年1月19日、業務上でアスベストにばく露したことにより、中皮腫や肺がん等の疾患にり患した建設労働者について、国が最大1300万円を支払うことを内容とする建設アスベスト給付金制度が施行されました。現在、建設アスベスト給付金の対象となる皆様に、給付金の請求手続の利便性のための『労災支給決定等の情報提供サービス』に関する書類が、順次送付されています。
 当弁護団では、『労災支給決定等の情報提供サービス』を含む建設アスベスト給付金の請求手続の代理を行っております。費用は、以下の通りです。

①着手金 不要です(実費を除きます)
②報酬  受領した金額の5.5~11%(消費税込み)
*ただし、特に困難な事案の場合、受領した金額の16.5%に増額することがあります。