ご遺族の尋問を終えて

弁護士 近藤 健大

 先日、アスベストを原因とする病気により亡くなられた方のご遺族の、裁判所での尋問があり、私の他2名の弁護士が担当させていただきました。

 尋問では、亡くなられた方の人となりとして、温かく人に接する人で、周りの方から慕われていたことや、体力には自信があった方が、病気によって苦しんでいたことや、その闘病の様子が明らかにされました。そして、病気にならなければ、こんなに早く亡くなることもなったという、ご遺族の無念さが明らかにされました。

 尋問を終えて、私は、体力に自信のあった人の命をあっという間に奪ってしまったアスベストの恐ろしさや、ご遺族の悔しさなどを改めて感じました。

 アスベストを原因とし、一定の条件を満たした場合に労災の対象となることが認められている病気として、肺がん、中皮腫、石綿肺、良性石綿胸水、びまん性胸膜肥厚などが挙げられます。

 我々弁護団は、不幸にも、そうした病気を発症してしまった方やそのご遺族が、労災とは別に、法的に救済されるように、国やアスベストの建材メーカーを被告とした訴訟を提起しています。

 もし、上記の病気と診断され、過去にアスベスト粉じん作業に従事されたことがあるという場合には、当弁護団にお気軽にご相談いただければと思います。