2022年6月3日(金)、首都圏建設アスベスト神奈川2陣訴訟、最高裁で不当判決

2022年6月3日、最高裁判所第2小法廷(菅野博之裁判長)は、首都圏建設アスベスト神奈川2陣訴訟について、解体作業に従事した被害者に対する建材メーカーの警告表示義務違反を否定する不当判決を言い渡しました。


首都圏建設アスベスト神奈川2陣訴訟・最高裁判決(2022年6月3日)(pdf)

建設アスベスト神奈川第2陣訴訟・最高裁判決を受けた声明(2022年6月3日)(pdf)


○時事通信:建設石綿、元作業員ら逆転敗訴 メーカーの表示義務認めず 最高裁

○朝日新聞:解体工の石綿被害、建材メーカーの責任認めず 最高裁判決