2021年11月25日(木)北海道建設アスベスト訴訟(第3陣)国との和解成立!

 2021年11月25日(木)北海道建設アスベスト訴訟(第3陣)は、札幌地裁において、原告32名(被災者単位21名)に対し、国が総額2億7440万円あまりの損害賠償金を支払うことを内容とする和解が成立しました。5月17日の最高裁判決を受け、各地の建設アスベスト訴訟で原告と国との和解が成立していますが、今回の和解は北海道では3件目、全国では6件目の集団和解となります。今回は、相続の手続が間に合わなかった原告を除き、すべての原告について和解が成立しました。

 国と和解が成立しても、建材メーカーとの訴訟はまだ続いております。原告らの被害救済に向け、引き続き闘いを進めて参ります!(写真は、集会後の記者会見のものです。)