建設アスベスト給付金の申請

給付金制度

2021年6月9日、「特定石綿被害建設業務労働者等に対する給付金等の支給に関する法律」が成立し、2022年1月19日から運用が始まりました。

建設現場で働いてアスベスト被害に遭われた方やそのご遺族は、国からの給付金を受け取れる可能性があります。

1. 給付金の対象者

以下の(1)~(3)の要件を満たす方が対象となります。

(1)次の期間ごとに、表に記載している石綿にさらされる建設業務に従事したこと

① 昭和47年10月1日~昭和50年9月30日 石綿の吹付け作業に係る建設業務

② 昭和50年10月1日~平成16年9月30日 一定の屋内作業場で行われた作業に係る建設業務

一般的に屋内作業があるとされている職種

大工(墨出し、型枠を含む)、左官、鉄骨工(建築鉄工)、溶接工、ブロック工、軽天工、タイル工、内装工、塗装工、吹付工、はつり、解体工、配管設備工、ダクト工、空調設備工、空調設備撤去工、電工・電気保安工、保温工、エレベーター設置工、自動ドア工、畳工、ガラス工、サッシ工、建具工、清掃・ハウスクリーニング、現場監督、機械工、防災設備工、築炉工

※上記以外の職種でも給付金を受け取れる可能性があります。詳しくは、ご相談ください。

(2)石綿関連疾病(※)にかかったこと

※ ①中皮腫、②肺がん、③著しい呼吸機能障害を伴うびまん性胸膜肥厚、④石綿肺(じん肺管理区分が2~4)、⑤良性石綿胸水

(3)労働者や一人親方・中小企業主(家族従事者等を含む)であること

※ご遺族の場合は、配偶者(事実婚含む)、子、父母、孫、祖父母又は兄弟姉妹の順に優先します。労災遺族補償の受給資格とは異なり、被害者との生計同一は要件ではありません。

2. 給付金の金額

病態区分に応じ、以下の給付金が支給されます。

1. 石綿肺管理2でじん肺法所定の合併症のない方550万円
2. 石綿肺管理2でじん肺法所定の合併症のある方700万円
3. 石綿肺管理3でじん肺法所定の合併症のない方800万円
4. 石綿肺管理3でじん肺法所定の合併症のある方950万円
5. 中皮腫、肺がん、著しい呼吸機能障害を伴うびまん性胸膜肥厚、石綿肺管理4、良性石綿胸水である方1,150万円
6. 上記1及び3により死亡した方1,200万円
7. 上記2、4及び5により死亡した方1,300万円

※ 給付金が支給された後、症状が悪化した方や、死亡した方のご遺族は、追加給付金(表における区分の差額分)を請求することができます。
※ 肺がんの方で喫煙の習慣があった方は、給付金が10%減額されます。
※ 一定の短期ばく露の方は、給付金が10%減額されます。
※ 勤務先等からアスベスト被害に関する補償を受け取った場合、給付金が減額される場合があります(金額によって減額されない場合もあります)。

3. 給付金の請求期限

給付金の請求期限は、石綿関連疾患にかかった旨の医師の診断日または石綿肺のじん肺管理区分決定日(石綿関連疾患により死亡したときは、死亡日)から20年以内です。

4. 給付金を受け取る手続き(弁護団が代理することができます)

  1. ご本人またはご遺族が給付金を請求(※)
  2. 認定審査会による審査・認定
  3. 給付金の支給

※ 手続の詳細につきましては、厚生労働省の該当ページをご確認ください。

※労災支給決定等情報提供サービス

  • 労災認定を受けた方やそのご遺族(労災時効救済制度による特別遺族給付金を受けたご遺族を含む)は、「労災支給決定等情報提供サービス」(無料)を利用することが簡便です。提出する書類は、厚生労働省のホームページからダウンロードすることができます。
  • 労災支給決定等情報提供サービスを申請した結果、「非該当」と通知された方でも、個別事情によって給付金の対象となる可能性があります。ご自身の判断で諦めず、まずはご相談ください。

5.給付金請求の費用

① 着手金 不要(実費を除きます)

② 報酬  受領した金額の5.5~11%(消費税込み)

*ただし、特に困難な事案の場合、受領した金額の16.5%に増額することがあります。

tel:011522-8716